トライの新商品ポチスマ君ー新規商品のため期待大!!

↑↑詳細はこちらをクリック↑↑
※トライフィナンシャルサービスとの同時申し込みはできません。

絶対に借りれるカードローン

この記事は、絶対に借りれるカードローンでお金を借りたい人のために書きました。

ただし、絶対に借りれるカードローン会社は存在しません。
なので、ここでは「絶対に借りれる」に限りなく近づく方法をお教えします。

  • 審査に通りやすいカードローンはどこ?
  • ブラックリストでも借りれる?
  • 絶対に借りるためにできるコツとは?

様々な疑問を解決します。

絶対に借りれるカードローンでお金を借りたい。絶対に審査に通りたい人はぜひご覧ください。

絶対に借りられるカードローンが存在しない理由

絶対に借りられるカードローンがない理由のは、必ず審査があるからです。

絶対に借りれるカードローンに審査は必須

カードローン会社は信用できる人に融資します。その信用は審査によって見極めます。

「審査がないカードローンはないの?」なんて考える人もいますが、あり得ません。

  • 一定の収入がある
  • 過去に金融事故を起こしていない(ブラックリストじゃない)

最低限の条件さえクリアしていれば、絶対に借りれるカードローンの審査には通ります。

誰でも借りられる金融機関=ヤミ金

世の中には「誰でも借りられる」「審査なしで即日融資OK」なんて謳っている金融機関も存在します。

そのような会社は「絶対に借りられる」ではなく、「絶対に借りてはいけない」金融機関です。

なぜなら、合法的に営業している会社であれば必ず審査があるからです。審査がないということは違法です。いわゆる「ヤミ金」と呼ばれる会社に多いです。

ヤミ金の危険性~法外な金利や取り立て~

ヤミ金の一番の特徴は「法外な金利」です。法律によって上限金利は年20%と決まっています。

しかし、ヤミ金は平気でそれ以上の金利で融資しています。なかには「トイチ」(10日間で1割の金利)なんていう会社も存在します。※トイチ以上もあるでしょう。

そして、利用者の返済が困難になると「取り立て」があります。ドラマなどでも見る厳しい催促です。

ですので、絶対ヤミ金には手を出してはいけません。

関連記事

絶対に借りれるカードローンの審査に通らない人もいる

絶対に借りれるカードローン銀行も大手消費者金融のカードローンも、さらには中小消費者金融の審査にも通らない方がいます。絶対に借りれるカードローンで絶対に審査に通らない方の理由は3つ。

  • 収入がない無職
  • 現在他社からの借り入れを遅延中
  • 総量規制に達している

返済ができることが絶対に借りれるカードローンの審査に通る最大にして唯一ともいえる条件です。収入がなかったり、他社からの借金の返済ができない状況であれば絶対に借りれるカードローンの審査に通ることができません。

また貸金業の法律である総量規制の上限に達していれば、融資をした側の消費者金融が罰せられます。

関連記事

絶対に借りれるカードローン・消費者金融の口コミ

絶対借りれる、ブラックだけど審査に通ったなどの口コミを見つけるとたいていはそこは中小消費者金融です。なぜなら中小消費者金融は独自の審査システムを使っており、「審査で重要視しているのは現在の収入状況」だからです。

ブラック経験あり、他社借り入れ4社までなら中小消費者金融

中小消費者金融に実際に問い合わせて調査した結果があります。ブラックになった経験があっても現在の収入が安定していて返済ができる状況にあれば融資を行っています。また、他社借り入れ件数も4社までは対応している中小消費者金融がほとんどです。

詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

審査に通らない人にありがちなカードローンの選び方

「安心感」や「金利」を重視して、絶対に借りれるカードローンとはかけ離れた絶対に借りれるカードローン銀行への申し込みを検討している人は要注意です。

実際、絶対に借りれるカードローン銀行の審査通過率は低いです。(20%程度)

「安心感」「金利」も消費者金融と大差ありません。プロミスなどは大手銀行グループ傘下なので「安心感」は変わりません。

金利に関しても、おおよそ3~4%ほどしか変わりません。(10万円借りたとして、1年で3,000円ほど)
しかも、絶対に借りれるカードローンには銀行にはないサービスがあるので、“オトク度”だと銀行の方が劣っている可能性もあります。

勝手なイメージだけでカードローンを選ぶのはおすすめしません。

関連記事

絶対に借りれるカードローン審査に絶対通るために知っておきたい申し込みのコツ

「絶対に借りれるカードローンをゲットするためにやるべきは2つです。

  • 絶対に借りれるカードローンがどこか知る
  • 審査に通るための申し込みのコツを押さえる

ここでは、申し込みのコツを紹介します。

絶対に借りれるカードローンでは希望額を少なめにする

希望額を低めに設定するのは、審査に通るためには最も効果的です。

高額を融資をしてもらうためには、それに見合った収入が必要ですよね。なのでカードローン会社の審査も慎重になります。

逆に、希望額が低ければそれほど高い収入は必要ありません。最低限の条件をクリアしていれば、審査は通過できます。

理想は10万円以下、多くとも15万円を希望額の目安にしましょう。

絶対に借りれるカードローンでおまとめする

すでに他社からお金を借りている人限定の話ですが、借金は少しでも減らしてから申し込みましょう。

というのも、「他社借入がある(多い)」は絶対に借りれるカードローンでも審査に落ちる人の代表的な特徴だからです。

総量規制(年収の3分の1以上の借入ができない)は他社借入との合計で計算されるので、高額を借りることはできません。だけでなく、すでに借金があるというだけでもマイナス要素です。

少しでも他社からの借金を減らして、有利な状態で審査に臨むようにしましょう。

絶対に借りれるカードローン用に収入証明書を準備しておく

基本的にカードローンは免許証など本人確認書類1枚だけで申し込めます。

とても便利なのが魅力ですが、絶対に借りれるカードローンでは給与明細書など収入証明書も併せて提出した方が審査には有利になります。

申込フォームの収入欄に記入された金額も100%は信用できません。収入の大小に関係なく、「提出した」というだけでも印象はいいので収入証明書は準備してから申し込みましょう。

絶対に借りれるカードローン銀行はある?

絶対に借りれるカードローン銀行はある?

銀行は絶対借りれるところはありません。2018年1月から絶対に借りれるカードローン銀行の審査がより精密になりました。

そして、銀行では銀行の審査以上に保証会社による審査が厳しいという現状があります。

絶対に借りれるカードローン銀行借はなくなった

かねてより社会問題として取り上げられていた絶対に借りれるカードローン銀行の過剰貸し付け問題がついに動き出し、2018年1月からカードローン銀行の審査が変わりました。

これまでは4つの項目が審査の軸になっていましたが、

  • 銀行の審査
  • 保証会社の審査
  • 個人信用情報機関への照会
  • 在籍確認

ここにもう一つ「警察庁へのデータベースに照会」という手続きが入ります。警察庁への照会は詐欺などの犯罪のための利用を防ぐためとされています。これによって、カードローン銀行は即日融資が不可能となりました。

関連記事

絶対に借りれるカードローン【銀行の審査で重要視される4つのこと】

そもそも絶対に借りれるカードローン銀行はありません。銀行の審査では、銀行以上に保証会社による審査が厳しいとされています。

保証会社は代理で返済しなくてもよいように審査をしています。

保証料をもらって銀行から保証業務を引き受けているものの、実際には融資をしていないお金です。その代位弁済を行わなくても済むように審査は慎重に行われています。

そのため、絶対に借りれるカードローン銀行の審査では次の4つのことが重要視されています。

  • その銀行系列で返済の遅れをしたことがない
  • 保証会社の系列で返済の遅れをしたことがない
  • 他社からの借り入れ状況が少ない
  • ブラックではない

カードローン銀行の審査が特段厳しいわけではありません。20歳以上である、安定した収入がある、銀行でも消費者金融でもブラックになっていない、過去や現在の債務がホワイトであるという4つの条件がクリアできていれば銀行も難しい審査ではありません。

絶対に借りられるカードローンで自転車操業を解消

クレジットやサラ金から多額の借金を抱えてる人は自分の収入ではとても返済ができなくなり多額債務者の立場に陥り毎月の返済を一度でも怠るとクレジットやサラ金業者から厳しい取り立てを受けることになります。

最初のうちは両親や兄弟などから返済資金を借りて返済しようとします。

がこれも度重なると見放され、この様な状態になった多重債務者の多くが借金返済のために新たにサラ金から借金をしたりクレジットカードによるキャッシングをするという自転車操業を繰り返すようになるのです。

弁護士の相談窓口や法律事務所に相談訪れる多重債務者のほとんどが、借金返済のための新たな借金を重ねるという自転車操業に陥っています。

この問題は根深く自殺増加やホームレス犯罪の増加に繋がっているといっても過言ではないかもしれません。

借金の原因を再度見つめなおして一日でも早く救われ、絶対に借りられるカードローンで幸せな毎日が送れるように願いたいものです。