トライの新商品ポチスマ君ー新規商品のため期待大!!

↑↑詳細はこちらをクリック↑↑
※トライフィナンシャルサービスとの同時申し込みはできません。

どこも審査通らない

どこも審査通らない。お金を借りるためには、決して避けることができない審査。

緊急でお金が必要なのにどこも審査通らないと、どうしても焦ってしまいますよね。そんな状況でも、誰でも借りられるような業者を頼ってはいけません。

結論から言うと、あなたが審査に通らなかった理由は金融業者から「返済能力が足りていない」と判断されたからです。

そもそも、審査の目的は踏み倒しそうな人への融資を回避することにあります。
そのために、審査では収入状況と信用情報が確認されます。

働いているのに通らないなら、ブラックの可能性も

安定収入があるにもかかわらずどこも審査通らない人は、信用情報がブラック化している可能性があります。

信用情報とは、クレジットカードや割賦払いに関する取引状況の履歴です。ここに問題がある人は、返済の姿勢に問題があると判断されるために審査が通りません。

どこも審査通らないときはどうしたらいい?

ブラックが原因でどこも審査通らない人は、残念ながらまともな金融機関からお金を借りることができません。
どこも審査通らない人が借りられるとしたら、違法な闇金融くらいでしょう。

なぜなら、返済能力が確認できない利用者に融資してはいけないと、法律で決まっているからです。

闇金融に手を出すと深刻なトラブルに

まともな業者はどこも審査通らないし、借りられるなら闇金でもいい。

そんな考えは今すぐに改めてください。闇金融は法外な金利や過剰な取り立てで利用者を追い詰めますし、それどころか十分な借入すらできない可能性もあります。

被害を回避するためにも、闇金融からは絶対にお金を借りてはいけません。

ブラックだから審査に通らない

「ブラックだから審査に通らない」などとよく言いますが、ブラックとは、信用情報に金融事故の情報が記録された人を指します。
金融事故とは具体的に以下のような情報です。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 債務整理
  • 長期の延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済

つまり、お金を法的な手段によって踏み倒したり減額した状態や、長期間借りたお金を返さなかった状態、カードや携帯電話などの契約を強制的に切られてしまった状態だとどこも審査通らない状態になってしまいます。

このような人にお金を貸すことは貸し倒れのリスクがあるため、信用情報に記録を行い、各社が相互でブラックの人に注意できるような仕組みになっているのです。

関連記事

どこも審査通らないブラックリスト

どこも審査通らないブラックリストの方は、下記の項目に該当する人です。

  • キャッシング返済を61日以上滞納・遅延・延滞した
  • カードローン返済を61日以上滞納・遅延・延滞した
  • クレジットカード返済を61日以上滞納・遅延・延滞した
  • 数年前に自己破産や任意整理(債務整理)を行った

「消費者金融の借金が少し残っている」「カード利用代金の振り込みを数日忘れた」などの理由では、カードローンを利用できないブラックリストになることはありません。

どこも審査通らない人がブラック情報を消すのに掛かる期間

どこも審査通らない人でもブラック情報はずっと残るものではなく、一定期間が経過すると個人信用情報期間から消えます。

  • 長期延滞 延滞解消日から5年
  • 債務整理 認定日から5年
  • 自己破産 免責されてから最長10年
  • 強制解約・代位弁済 履行されてから5年

どこも審査通らない人でも自己破産を除いて、問題解消されてから5年でブラック情報は消えます。

関連記事

街金なら貸してくれる?

キャッシングやカードローンでは必ず審査が伴います。
このときに、審査基準が違うことを知りましょう。
審査基準のハードルが存在することで、今まで借りられないと思った人でも審査通過ができます。

中小消費者金融対象者
借入可能な属性
キャッシングエイワ20~79歳
会社員、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、自営業・個人事業主、学生、年金受給者、専業主婦
フクホー20~65歳
会社員、パート・アルバイト、派遣社員、フリーター、学生
ライフティ18歳以上
会社員、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、自営業・個人事業主、学生
AZ株式会社20歳以上
会社員、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、自営業・個人事業主、専業主婦、学生、年金受給者、無職
キャネット20歳以上
会社員、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、自営業・個人事業主、専業主婦、学生、年金受給者
しんわ20~70歳
会社員、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、自営業・個人事業主
中央リテール20~60歳
正社員、自営業・個人事業主、パート・アルバイト・派遣社員
キャレント20~65歳
自営業・個人事業主
キャッシングアロー20~65歳
正社員、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、自営業・個人事業主

どこも審査通らない?審査に通るたった3つのコツ

まず、覚えておいていただきたいのですが、どこも審査通らない人に対して確実に消費者金融の審査を通す裏ワザのようなものはありません。

ただし、どこも審査通らないでも少しでも審査に落ちる可能性を下げるコツならあります。
どこも審査通らない!そう考えている方は、不注意で審査落ちしないよう、下記3点に注意しておいてください。

関連記事

どこも審査通らないなら10万円以下の少額で申し込む

消費者金融にとって、審査は「踏み倒されるリスクを回避するため」の手続きでもあります。

そのリスクは、顧客の借入額に比例して大きくなります。そのため、高額借り入れを希望するほど、どこも審査通らない可能性が高くなるのです。

この点を考慮し、借入希望額は少なめ、できれば10万円以下にしておきましょう。どうしても10万円以上が必要な人も、必要最低限の金額で申し込んでください。

どこも審査通らない人は収入証明書類の提出を

法律上、50万円以下の借り入れ(もしくは、他社借入と合算して100万円以下の借り入れ)を希望する場合、収入証明書は提出しなくても問題ありません。

しかし、消費者金融にとって、審査の判断材料は多いに越したことがありません。
どこも審査通らない人は直近2ヶ月分の給与明細で良いので、できるだけ収入証明書は提出できるようにしましょう。

どこも審査通らない人は同時に2社以上申し込まない

申し込んだ消費者金融の審査に落ちたらどうしよう。その不安から、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と複数の消費者金融に同時申し込みする方がいます。

しかし、それはどこも審査通らない確率が跳ね上がります。

同時申込している人は、消費者金融からすれば「何社からも同時にお金を借りようとしていて、将来的に多重債務者になり得る」と見られてしまうからです。

そして、複数社に同時申込していることは必ずバレてしまいます。申し込み記録は「信用情報」で各社が共有しており、誰が何社の審査を受けたのか筒抜けなのです。

どこも審査通らない人は申し込み先はあくまでも1社に絞り、複数社受けるとしても順番に申し込んでください。

関連記事

街金でも貸してくれないときは?

どこも審査通らないなら、審査に通らなかった業者よりも甘い審査基準の業者に再度申し込むことです。

大手キャッシング会社はどこも審査基準が厳しいので、そこで通らなかった人でも、もっと小規模の個人向け金融会社なら融資してもらえることが多いのです。

どこも審査通らないならおまとめローンを利用する

「おまとめローン」というのを知ってますか?複数の会社からキャッシングしている場合にそれらを全部1社にひとまとめにすることです。

「借金をまとめたいんじゃないんだ!もっと借りる必要があるんだ」という声が聞こえてきそうですが、おまとめローンのいいところは、新たに借りる分を含めておまとめできるという点なんです。

無審査キャッシングは最後の手

どこも審査通らない。最後に残された道は、まったく審査がないキャッシングです。

しかし、まったく審査しないでお金を貸すところはありません。
親や兄弟にお金を借りる場合でも、「何に使うのだ?なぜお金がないのだ?いつ返すのだ?」と聞かれます。

なのに知らない人が何も聞かずに何も調べずにお金を貸してくれることなどありえません。

ところが本当に無審査でお金を得る方法があるのです。

「絶対貸してくれる消費者金融」と検索すると、「ブラックの方でも100%融資!」「多額の借金が合っても即日融資可能」とWEBサイトでうたっている消費者金融があります。

しかし、こういった広告を打ち出している消費者金融はほとんど闇金なので注意しましょう。

闇金の誇大広告の文言例

ただし、金融機関自らがブラックOKと言うことを主張することは絶対にありません。他にも以下のような文言は使用が制限されています。

  • 無条件融資
  • どこよりも簡単
  • 極甘審査ファイナンス

これは法律で決められていることなので、もし破っている業者があれば、その時点で違法な業者だということが分かります。

このような文言が入っている広告は誇大広告にあたり、貸金業法に違反します。

貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。

貸金業法第16条を一部抜粋

正規の消費者金融であれば、貸金業法に違反する誇大広告をすることはありません。そのため、誇大広告をしている消費者金融は高額な利子でお金を貸し付ける闇金なのでどこも審査通らない人は絶対に利用しないようにしましょう。