ブラックでも融資可能なカードローン・キャッシング会社

ブラックでも融資OKな消費者金融とは?ブラックの場合、一般的な金融機関に借り入れを申し込んでも、ほとんどのところでは審査に落ちてしまいます。

「でもお金が必要!」と、いう時のために頭の片隅に覚えておいてほしいのが、今回ご紹介する即日融資に対応している口コミで激甘審査と評判の金融機関です。

特別にブラックでも融資OKな会社を6社ほどご紹介していくので「どうしてもお金が必要!」という時にはぜひ思い出してみてください。

「そう言えばあんなところがあったな」と、きっとあなたのお役に立つことでしょう。

金融事故を起こしてもブラックではない場合がある

消費者金融や銀行などの金融機関では、ブラックの人が即日融資を受けることはできません。
ただし、自身をブラックだと認識している人のなかには、実はブラックではなかったという人が存在します。

なぜなら個人信用情報機関に保管される信用情報(金融事故履歴)には、登録期間が設定されているからです。

  • 長期延滞(61日以上) 最長5年
  • 強制解約 最長5年
  • 任意整理 最長5年
  • 個人再生(民事再生) 最長5年
  • 代位弁済 最長5年
  • 自己破産 最長10年

※個人信用情報機関によって異なります。※金融事故の解決からの期間となります。

ブラックの原因となる金融事故の登録期間は、長期延滞(長期滞納)や
強制解約は最長5年、自己破産は最長10年となります。

個人信用情報機関に金融事故の履歴が登録されている期間はブラックとなり、
消費者金融や銀行などから即日融資を受けることはできません。

一方、事故情報の登録期間が終了している人は、過去に金融事故を起こしていてもブラックではありません。
ブラックではない人は、カードローンやクレジットカードを利用して即日融資を受けることが可能です。

自身の信用情報は、個人信用情報機関に開示請求することで確認できます。
しかし、信用情報の情報開示は、結果を郵送で受け取るまでに1週間~10日ほどの時間がかかるため、
即日融資を希望するブラックの人には向きません。

申し込みブラックも融資を受けられない

申し込みブラックの人は、カードローンやクレジットカードのキャッシング審査においてブラックとなり融資を受けることができません。

申し込みブラックとは、短期間に複数の金融機関に申し込みしている状態のことです。
申し込みブラックの人は、審査担当者から「相当お金に困っている」と返済能力を疑われ、
貸倒れを危惧されることからキャッシング審査に通過できず、即日融資を受けることができないのです。

明確な基準はありませんが、1か月以内に3社以上の金融機関に申し込みしている場合、
審査担当者に申し込みブラックとして扱われる可能性が高いです。

1か月以内に3社以上の金融機関に申し込みしている人は、自身が申し込みブラックであることを疑ったほうが良いでしょう。
カードローンやクレジットカードの申込履歴が信用情報として保有されるのは、申し込みから半年間です。

半年経過すると金融機関の申込履歴は削除されるため、半年たてば申し込みブラックは、融資を受けられる可能性があります。

申込情報の虚偽申告をしてもすぐにブラックだとバレる

即日融資を受けたいブラック中には「すぐに借りたいから返済トラブルを隠して金融機関に申し込もう」と考える方がいます。

しかしカードローンやクレジットカードのキャッシング審査通過のために
ブラックだと隠して申込情報の嘘をつくことは無意味です。

過去の返済トラブルや他社借入状況に関する虚偽申告は、カードローンやクレジットカードのキャッシング審査担当者にバレてしまいます。
返済トラブルや他社借入状況などの情報は、個人信用情報機関に信用情報として履歴が残っているからです。
カードローンやクレジットカードのキャッシング審査では、申込者の信用情報が調査されます。

申込情報と信用情報に違いがあれば、審査担当者は「嘘をついている」と判断するため、
カードローンやクレジットカードのキャッシング審査に通りません。

またカードローンやクレジットカードに嘘をついて申し込んだ場合
詐欺未遂や文章偽造の罪に問われる可能性があります。
そのため、即日融資を受けたいブラックの人は、カードローンやクレジットカードに嘘をついて申し込むのは絶対にやめましょう。

中小消費者金融やならブラックでも融資の可能性があるかも?!

ここまで散々ブラックの方は融資を受けることが出来ないとお伝えしてきましたが即日融資を行って貰える可能性が完全に0%というわけではありません。

実は、ブラックでも融資をしてくれる業者も現実に存在してるのです。ただし、先ほどまでにご紹介した方法で審査を行う大手の消費者金融では、いくら申し込んでも審査に落ちるという結果に変わりはありません。

次は、ブラックでも融資を受けられる可能性をご紹介しますのでチェックしてみて下さい。

社内ブラックの人は融資を受けられない

個人信用情報機関に金融事故の履歴が残っていない人は、ブラックではないため融資を受けることが可能です。
ただし個人信用情報機関に金融事故の履歴が登録されるブラックのほかに、社内ブラックと呼ばれる状態があります。

カードローンやクレジットカードにおける社内ブラックとは、金融事故を起こした金融機関の社内データに事故情報が残り続けている状態の人のことです。

たとえばアコムで債務整理を行った場合、個人信用情報機関に登録される金融事故の履歴は5年を超えない期間に消去されます。
しかしプロミスの社内データには保有期間の決まりがないため、事故情報がアコムの社内に残り続ける可能性があるのです。

個人信用情報機関から事故情報が消えていても、プロミスの社内データに「過去に金融事故の経験あり」と登録されていればプロミスのカードローン審査には絶対に通りません。

一度金融事故を起こした消費者金融や銀行では即日融資を受けられる可能性が低いです。

そのためブラックで融資を受けたい人は、信用情報がブラックでなかった場合でも一度金融事故を起こした金融機関のローン商品に申し込むのはやめましょう。

長期延滞中のブラックは融資不可

現在進行形の延滞でブラックになってしまっている方はいくら中小消費者金融の審査が甘いと言っても融資が可決されることはまずないでしょう。

ブラックの中でも融資上でも在進行形で支払いが滞っている人というのは一番煙たがられます。

逆に自己破産などでブラックだったとしても、考えようによっては借金がチャラになっていると言うことですので融資する側にとっては貸しやすいお客ということになりえるのです。

ブラックでも融資可能かは個人信用情報で分かる

金融でいうブラックという状態は明確な基準があり、CICかJICCの個人信用情報に「異動」と書かれているかいないかです。

もし異動の文字がなければ、ブラックの融資なら即日で消費者金融なりから利用できる状態にあります。この個人信用情報は誰でも自分のものは見ることができますので、気になる方は開示してみてください。

  • CIC インターネット開示
    (主にクレジットカードの信用情報)
    時間:約15分
    料金:1,000円
    必要なもの:発行済のクレジットカードで登録した電話番号
  • JICC インターネット開示
    (主に消費者金融の信用情報)
    時間:約15分
    料金:1,000円
    必要なもの:身分証明書

事故情報・ブラックでも融資OK?中小消費者金融の独自審査とは

大手消費者金融とブラックでも融資可能な中小の消費者金融とでは、審査基準が異なります。

大手の場合、信用情報に傷があれば仮審査の時点でハネられてしまいますが、
ブラックでも融資OKな中小は申し込み者情報に返済計画や現在の収入、生活基盤などを加味した審査を重視しているため、信用情報に多少の傷があってもそれだけで足切りされるということにはなりません。

もちろん、現在進行形で延滞していたり債務整理、自己破産したばかりという方の利用はほぼ不可能ですが、事故からある程度時間が経ち、現状返済がスムーズに行われている場合は、少額の借入れが出来る可能性もあります。

また、ブラックが消えてすぐの融資の申し込みは信用情報になんの履歴もなく、かえって「ブラックなデータが消えたばかりなのでは?」と怪しまれる可能性があります。

ブラックでも融資してもらいたいならスマホの分割払いなどある程度の返済実績を作ってからの方が良いでしょう。

ブラックでも融資可能な中小消費者金融のメリットとデメリット

ブラックでも融資可能な中小消費者金融業者と言っても、全国的に知名度のある大手と変わらないようなところから、その地域に根付いた地元密着型の融資を行っているところまでさまざまです。

では実際のところ、大手と違い独自の審査を得意とするブラックでも融資してくれる中小の消費者金融を利用するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

それぞれを分かりやすくまとめてみたので、利用を考えている方はぜひ申し込み前に一度確認してみて下さい。

ブラックでも即日融資出来る中小消費者金融のメリット

ブラックでも融資可能な中小の消費者金融を利用するメリットと言えば、何よりも大手では融資が受けられない方にも狭いながらも門戸を開いているという点ですね。

ほんの少しでも融資の可能性が残っているというのは気分的にも大きな救いとなりますよね。また、専業主婦でも利用出来る「配偶者貸付」というサービスを行っているところも多数あります。

数千円程度の日頃のお買い物時の不足分などという少額の融資にもブラックも対応してもらえるいう点も良いと思います。

ブラックでも即日融資出来る中小消費者金融のデメリット

ブラックでも融資してもらえるとは言いましたが、もちろん全ての方が融資を受けられる訳ではありません。
そして、その独自審査故にしっかりとしたヒアリングが行われます。

現在の返済状況はもちろんのこと、金銭感覚や価値観などまで細かく質問される事も多く、ブラックな人によっては苛立ちを感じることもあるかも知れません。

そして、大手の審査で落ちた申込者が大半を占めることから、ブラックな人は融資までに時間がかかることも想定しておかなければなりません。

また、大手と違い金利も高い傾向があり、ブラックでも融資してもらえるものの無利息サービスやローンカードが無いなどということもあります。

あまりに知名度の低い業者は、非正規である可能性もあるので、利用の際には金融庁の公式サイトから登録番号を調べてみることをオススメします。

ブラックでも融資可能な消費者金融ランキングではしっかり選べば利用価値大

ブラックでも融資可能な消費者金融のおすすめランキングをご紹介していく前に、ブラックでも融資可能な消費者金融を選ぶコツをご紹介していきたいと思います。

きちんと登記されたブラックでも融資可能な消費者金融であること

会社がきちんと金融庁などに登記されて存在していれば=国から認められているので安心して利用することが出来ます。

そういった会社はブラックでも融資可能な消費者金融業者として日本貸金業協会などに登録し、役所などから正式に運営許可証を得ています。

正規の貸金業者である以上、違法な利息設定もありませんし、万が一問題になっても柄の悪い人たちに囲まれて罵声を浴びせられたり暴力を振るわれるということもありません。

きちんとした接客ができていること

これはブラックでも融資可能な消費者金融に限らず、対面で行う接客業であれば必須項目です。

場合によっては資金繰りの焦りから下手に出て見落とす場合もありますが、サービス業である以上、電話やメール、対面での対応が乱暴だったりいい加減なところは選ぶべきではありません。

融資は法定利息を遵守している

日本では利息制限法があり、それ以上の利息で金融業者がお金を貸してはいけないという法律があります。

制限利率は元本が

  • 10万円未満で年20%
  • 10万円以上100万円未満で18%
  • 100万円以上で年15%

となっています。

これ以上の利率で返済させられていれば余分に払った過払い金が発生し、返還を求められてしまいます

そうなるとブラックでも融資可能な消費者金融としては損害ですよね?ですから最初から利息制限法に従っている会社が優良なのです。

中小消費者金融はこんな人におすすめ

以上の項目を踏まえ、延滞やブラックでもお金を借りる事ができるキャッシング・カードローン・消費者金融をランキング形式でまとめています。

ブラックでも融資可能な中小消費者金融は、次のような人におすすめです。

  • キャッシングの審査に通るか不安のある人
  • 過去に自己破産、債務整理をした人
  • 大手消費者金融で、融資を断られた人

大手と中小消費者金融の違いは、借入審査の基準が緩めで、個人の事情に応じて柔軟に対応することです。

ただ、そうは言っても消費者金融は全国に2,217件(平成25年4月末時点)あります。その中から安心して利用できる会社を探すのは難しいことかもしれません。

そこで、ここからは自信を持っておすすめできるブラックでも融資可能な消費者金融を厳選してランキングでご紹介します。

選んだ条件は以下のとおりです。

  1. 口コミが良い
  2. ネット申し込みが可
  3. 審査が早い
  4. 融資までが早い
  5. 全国から利用可

中朝消費者金融の利用を検討している人はぜひ参考にしてもらえばと思います。

当サイト融資率からみたブラックでも融資可能な消費者金融ランキング

ここからご紹介していく街金は当サイト融資率からみたブラックでも融資可能な消費者金融ランキングとなっています。

ブラックでも融資可能なライフティ

当サイト融資率からみたブラックでも融資可能なライフティは東京都新宿区歌舞伎町にある消費者金融会社で、他社で審査が通らない人にも積極的に融資を行っています。初めての利用者は35日間利息0円!などのサービスで競争に勝とうとしているとのこと。

最短30分で審査完了という、業界でもトップレベルのスピードです。また、おまとめローンにも注力しているため、複数社から借入がある方はぜひ申し込んでみてください。

なお株式会社ビジネスパートナーは、法人・個人事業主向けにファイナンスリースやビジネスローンを行っている業界では大手企業です。親会社がしっかりした会社というのも安心ですね。

ブラックでも融資可能なアロー

ブラックでも融資可能なアローは、自社で独自の審査をしているため銀行や大手消費者金融ではなかなか審査が通らない延滞した方やブラック、債務整理や自己破産をした人でも積極的に融資を行っています。

アローは最短45分で審査が終了する驚異的なスピードが特徴ですが、ただし現在他社のキャッシング・カードローン・消費者金融で返済を滞納していると審査が通らないようです。

ブラックでも融資可能なアルコシステム

ブラックでも融資可能なアルコシステムは創業1983年と老舗にあたるアルコシステムは姫路に本社があります。振込キャッシングで人気実績ともにある消費者金融会社です。

銀行や大手の消費者金融、他社の中小消費者金融では審査が通らない方でも積極的に審査し貸し出した実績が多数あるとのことです。

ブラックでも融資可能なセントラル

ブラックでも融資可能なセントラルは1973年創業の老舗消費者金融会社です。本社は愛媛県松山市にありますが、全国振込対応しています。

セントラルでは銀行や大手消費者金融では借入が難しい、延滞やブラックの方・債務整理や自己破産をした人でも審査対象としています。大手に出せない特徴で積極的に融資を行っている会社です。

ブラックでも融資可能なキャッシングのフタバ

ブラックでも融資可能なキャッシングのフタバです。
キャッシングのフタバは東京都千代田区に本社があり、1963年創業と大変歴史のある老舗消費者金融会社です。

「自己破産・債務整理等されている方もまずはお申し込みを」とうたっているぐらい、他社に比べて積極的に融資をする姿勢を全面に出しています。

老舗ならではの豊富な融資実績と経験から、延滞やブラックなど他社で審査が通らない方にも積極的に融資している消費者金融です。

ブラックでも融資可能なエス・ジー・ファイナンス

ブラックでも融資可能なエス・ジー・ファイナンスです。

キャッシング・消費者金融の株式会社エス・ジー・ファイナンスは東京の秋葉原にあります。エス・ジー・ファイナンスは、貸金業者としては2013年創業の新興・小規模な会社のため、大手や中小消費者金融会社に負けないように積極融資を行っています。

最短30分で審査完了という審査の早さも嬉しいですね。また、おまとめローン(借換ローン)にも注力しています。

なお、今回ご紹介するランキングのブラックでも融資可能な消費者金融は、全て

  • 担保・保証人不要
  • WEB申込で来店不要
  • 24時間対応で即日対応可

という使いやすい特徴を持っています。

ブラックでも融資を可能にするために

最後に、ブラックでも融資可能な消費者金融での借り入れについてよくある質問にお答えしていきます。

収入証明書なしで借りられるブラックでも融資可能な消費者金融はある?

ブラック状態の人を対象に融資を行っているブラックでも融資可能な消費者金融は、利用の際に収入証明書の提示を求めることがほとんど。

ただし「キャネット」「セントラル」「ライフティ」などは原則収入証明書不要で契約が可能です。

ブラックかつすでに2件以上でお金を借りている場合には、上記の会社であっても収入証明書を求められる可能性が高いと考えられます。

ブラックでも融資可能な消費者金融(正規業者)と闇金(違法業者)の見分け方

連絡先の電話番号が携帯電話番号だったり、「誰にでも貸します」「無審査」といった記載があれば、ほぼ100%違法業者です。絶対に関わらないでください。

また「(金融機関名) キャッシング」などでgoogle検索を掛けてもヒットしないようであれば、危険性があると言えるでしょう。

その他に正規業者であることを確かめる方法としては「貸金業登録番号」を使ったものが挙げられます。

気になる金融機関の公式HPをチェックし「貸金業登録番号」を探してみましょう。トップページや企業情報ページに記載されているはずです。

ブラックでも融資可能な消費者金融なら総量規制の制限を超えて年収の3分の1以上のお金を融資可能?

総量規制は、法律(貸金業法)上の制限です。どんなに審査が甘いと評判でも、正規の業者が総量規制の制限を超えて貸付を行うことはありません。

ただし、おまとめローンはその例外。おまとめ目的であれば、年収の3分の1を超える借り入れが可能ですよ。

申し込みブラック」状態でも、ブラックでも融資可能な消費者金融は利用できる?

短期間に複数の金融機関へ立て続けに申し込みを行うことで、審査に落ちやすくなってしまう状態のことを「申し込みブラック」と呼びます。

申し込みブラックは中小消費者金融の間でもマイナスポイントとなりますが「キャネット」「AZ」など、比較的審査難易度が低いとされる金融機関であれば、申し込みブラック状態であっても審査に通過できた報告が寄せられています。

在籍確認の電話は必須?

ほぼ必須です。ブラック状態という、信頼の低い状態の人に融資を行う金融機関にとって「申し込み者が本当に仕事をしているか」確認することは非常に大事。

同じ理由で、収入証明書の提出を必須としている金融機関も多いですね。

また、大手消費者金融のように社会保険証の提出などをもって電話の代わりとしてもらうこともほぼ不可能となるため、勤務先への電話は必須と考えてよいでしょう。

ただし、TRYフィナンシャルサービスのみは在籍確認なしでも審査に通過できるとの報告が挙がっています。

他社の借り入れを延滞中でも借りられますか?

これはほぼ不可能です。金融機関もボランティアではないので、他社からの借り入れを返していない人にお金を貸すことはできません。

審査が甘いと言われているブラックでも融資可能な消費者金融にすら落ちてしまったら?

返済に行き詰った状況であれば、無料で法律相談のできる「法テラス」へ出向くなどして債務整理の相談を行うことになるでしょう。

状況が悪化するだけですので、怪しい業者や違法業者を利用するのはNGです。

なお、自己破産や個人再生で2回以上免責(借金の帳消し・削減)が認められることはほぼありません。

ブラックが融資してもらうには金融機関以外の方法もあり

ブラックが融資を受けたいなら質屋を利用するという手もあります。
質屋は、信用情報ではなく質草(担保)の価値で融資の可否を判断しています。しっかりとした担保があることで保証人も必要がありません。

保証人や信用情報が不要で融資が受けられるのであれば、ブラックのみならず無職や専業主婦の方でも利用出来るということ。

ちなみに、質屋の業界最大手は大黒屋で、全国に210店舗以上展開しており、担保と現住所記載の本人確認書類を用意すれば最短10分ほどでブラックでも現金を手にすることができます。

また、メール査定という自宅に居ながらにして査定を受けることができるサービスがあり、わざわざ店舗へ行ったのに融資が受けられないなどというムダも省けます。

ブラックの方はまず担保を用意し、大黒屋公式サイトのメール査定を試してみて下さい。

ブラックでも融資可能な闇金業者は絶対に利用しない

ブラックの中には「方法は問わずにブラックでも融資を受けたい」と考えている人がいると思います。
しかしブラックでも融資可能な闇金業者(ヤミ金)は、絶対に利用してはいけません。

闇金業者とは国の許可を得ずに利用者へ融資を行っている違法業者です。
国の許可を得ずに融資を行っている闇金業者では、信用情報の調査や在籍確認の電話連絡などの審査が行われないため、ブラックでも即日融資を受けることが可能です。

しかし闇金業者からお金を借りた人は、法外な高金利が適用され悪質な取り立ての被害に遭う危険性があります。

2018年3月に金融庁が行った貸金業利用者に関する調査・研究では、
闇金業者利用者の8割以上が、「金利の負担が重かった」「生活が悪化した」などの否定的な意見を述べています。

TwitterなどのSNSやダイレクトメールで近づいてくる金融業者の利用は絶対にやめましょう。

また、闇金業者のなかには、貸金業者の登録番号を詐称し、国の許可を得ている正規の貸金業者を装う業者も存在します。
「貸金業者の登録番号がしっかりしている」と油断して、怪しい金融業者を利用しては絶対にいけません。

なお金融庁のホームページには、正規の登録会社かを確認できる「検索サービス」や
財務局登録番号を実際に詐称している違法業者をまとめた「違法な業者に関する情報」などが用意されているので利用しましょう。

ブラック融資の記事一覧
NEW!
ブラックでも借りれる
絶対借りれる
ブラックでも借りれる
ブラックでも借りれる
闇金
絶対借りれる
絶対借りれる
ブラックでも借りれる
絶対借りれる
絶対借りれる
絶対借りれる
ブラックでも借りれる
絶対借りれる
ブラックでも借りれる
絶対借りれる