トライの新商品ポチスマ君ー新規商品のため期待大!!

↑↑詳細はこちらをクリック↑↑
※トライフィナンシャルサービスとの同時申し込みはできません。

ブラックでも借りられる金融会社

ブラックでも借りられる金融会社(街金・カードローン・キャッシング)の融資、お金を借りる方法は?

申し込みブラック・ブラックでも借りられる金融会社(極甘審査ファイナンス)は、過去に債務整理や支払いの長期延滞をしたことのある「金融ブラック」の方にもおすすめです。

ブラックの状態にも「申し込みブラック」と「金融ブラック」がありますが、中小消費者金融は柔軟な独自の審査を行うので、どちらの場合でも頼りになる存在です。

金融ブラックであろうと、あなたの返済能力を慎重に審査し、毎月の返済が可能と認められれば審査に通ることができます。

そもそもブラックの状態とは?

一般的には、金融事故(債務整理や長期延滞など)を起こした結果、その履歴が信用情報に載っている状態を「ブラック」と言います。

審査の際に、登録された情報を照会することで申込者の返済能力を審査しますが、ブラックの状態だとブラックでも借りられる金融会社でも審査では大きなマイナス要因になります。

金融事故が信用情報で共有される仕組み

あなたが金融事故を起こしてしまうと、その情報は信用情報機関に一定期間登録され、借り入れ申込みの際に必ず照会されます。これはブラックでも借りられる金融会社でも同じです。

この信用情報機関は、日本国内に3つあります。

金融機関や貸金業者は、いずれかの信用情報機関、または複数の信用情報機関に加盟し、情報の登録と共有を行っています。

クレジットカードと消費者金融のキャッシング審査

ブラックでも借りられる金融会社はクレジット会社?それとも消費者金融?

消費者金融とクレジットカードでは、審査において違いがあります。

消費者金融はキャッシング・カードローンの機能がメインですが、クレジットカードはすべての人がキャッシングの機能をつけるわけではないためです。

消費者金融で取引のある方が、クレジットカードの審査をしてもらおうとすると融資枠がいっぱいになっていてブラックでも借りられる金融会社以外は審査に落ちる可能性があります。

ブラックでも借りられる金融会社なら中堅金融の街金が狙い目

したがってブラックでも借りられる金融会社を探しているなら中堅の消費者金融にカテゴリーされる街金に申し込むのがオススメといえます。

過去に債務整理などで金融事故歴があると、大手の消費者金融では絶対に審査が通りません。

中小消費者金融はブラックでも借りられる金融会社なの?

ブラックでも借りられる金融会社をお探しなら、オーナーが直接審査している中小の消費者金融でなければ借りられません。

大手消費者金融や銀行のカードローンの中にブラックでも借りられる金融会社などないことは知っておきましょう。

どの業者も相手してくれないような延滞中の人でも、ブラックでも借りられる金融会社であれば助かる方法はあります。

一概にブラックと言ってもブラックになるまで経緯は様々です。

  • 過去に60日以上の滞納、返済の未納をされた方
  • 債務整理や自己破産をされた人
  • 携帯電話の支払いの未納(60日以上)

上記に該当する方は大方ブラックになっている可能性が大です。ブラックになるという事は指定信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)にブラックに関する情報(異動という記載)が保管されています。

そうなると、ブラックでも借りられる金融会社以外では新しくお金を借りる事が難しくなります。

ブラックでも借りられる金融会社:番外編

借金が膨れすぎて返済の目処が立たないという人であれば、債務整理の中でも任意整理がお勧めです。

債務整理には種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生(民事再生)
  • 自己破産
  • 特定調停

この中でも任意整理は一番利用されている公的手続きです。任意整理は、債権者に対して直接専門の弁護士の方が債務者の借金に関する交渉をして返済額の減額、返済期間延長等の交渉を行います。

ブラックでも借りられる金融会社≠闇金業者は絶対に利用しない

ブラックでも借りられる金融会社を探している人の中には、手段を問わず即日融資を受けたい方もいるかもしれません。

しかし、ブラックでも借りられる金融会社の中でも絶対に闇金業者(ヤミ金)からはお金を借りてはいけません。

ヤミ金は、国の認可を得ていない違法な組織でブラックでも借りられる金融会社ではありません。

確かに在籍確認や信用情報の調査もなく、ブラックでも利用可能ですが、法定金利を守るような良心的なヤミ金はありません。
法外な高金利に悪質な取り立てと、まるでひと昔前のドラマの様な被害に自分が遭う可能性があるのです。

実際、金融庁の調査でもヤミ金利用者の8割以上が辛い思いを訴えています。甘い文言を使い寄ってくる業者もいますが、決して闇金融のようなブラックでも借りられる金融会社の言葉にのってはいけません。

ヤミ金の中には正規を偽装している業者もあります。登録番号があったとしても、怪しい場合は金融庁のホームページの検索サービスを利用してブラックでも借りられる金融会社(正規の登録会社)か確認するなど注意しましょう。