超ブラックでも借りれるところ【総合案内】

このサイトは、超ブラックでも借りれる総合案内所です。ここでは、あなたの超ブラック度に合わせて案内して行きますので、症状によって読み進んで下さい。

誰も教えてくれない延滞中の超ブラックでも借りれるところや自己破産や債務整理後に借りれる消費者金融もあるのでクレジットカードのキャッシング枠とリボ払いも含めて、現在の借入れ件数が、もう3件以上の借入がある人は、この記事を読んでください。

ブラックでも借りれる

超ブラックでも借りれるところ

超ブラックでも借りれるところが見つかると断言できます。自社で「超ブラックOK!」とか「当社は審査が甘いです」「超ブラックでも絶対貸します!」と宣伝している消費者金融やカードローン・キャッシング会社のような金融会社はありませんが、口コミで書いて欲しいと依頼する貸金業者はあります。

自己破産や債務整理をしていて超ブラックリスト入りしていても、申し込み過ぎて申し込み超ブラックでも、延滞中の超ブラックでも、借りれる消費者金融やクレジットカードもあります。
この超ブラックのための総合案内所では、借りれるところが必ず見つかります。

超ブラックリストに載ってしまったけど、どうしてもお金が借りたい!と言う方は多いのではないでしょうか。どこか借りれるところはないか?と探す場合に、銀行や消費者金融と言った金融会社だけを探していませんか?

極端に言えば、返さなくても良いお金(もらえるお金)だってあるのです。ここは大手で借りられそうな人が来るところではありません。

絶対に借りれるカードローン

インターネットの情報や口コミサイトでは、「超ブラックでも消費者金融の審査に通過した」という内容を見かけます。

しかし、超ブラックでも消費者金融の審査に通過したという人は、そもそも超ブラックリストに登録されていなかった可能性が高いです。消費者金融からお金を借りられない人は、下記の項目に該当する方です。

  • カードローンの返済額を61日以上延滞した
  • クレジットカードの返済額を61日以上延滞した
  • 住宅ローンや自動車ローンの返済額を61日以上延滞した
  • 携帯電話・スマホ本体の分割支払いを61日以上延滞した
  • 過去10年以内に債務整理(任意整理や自己破産)を行った

どのようなローンやキャッシングを利用するにせよ、1年に1回~2回程度の支払い遅延では、超ブラックリストに登録されることはありません。また、「電気代やガス代の支払い遅延」や「過払い金返還請求」に関しては、超ブラックリストに登録されないので安心してください。

ブラックでも借りれる

関連記事

超ブラックの方は相談無料の債務整理の検討をする

債務整理をした事実は、信用情報として5年以上残ります。とはいえ、長期延滞などの超ブラック情報も信用情報として5年以上残ります。
そのため、すでに信用情報が超ブラックの場合、借入できる消費者金融を探して返済で苦しむより、債務整理をして借金を減らす方が賢いです。

債務整理にも種類があり、とくに任意整理ならば、裁判所を通さないために家族や職場にバレずに安い手数料で借金を減額できます。また、弁護士費用は分割払いが可能で、債務整理で浮いた分の支払利息でまかなえます。

債務整理の電話相談は、土日祝日や夜間でも無料でできます。現状を専門家に話すだけでも状況が変わるかもしれないので、一度電話相談をしてみると良いでしょう。

超ブラックでも借りられる 2ch

超ブラックリストでも借らりれるお金は、オーナーが直接審査している中小の消費者金融でなければ借りられません。

大手消費者金融や銀行のカードローンでは、超ブラックは絶対借りられないことは知っておきましょう。

当サイトは、どの業者も相手してくれないような延滞中の人でも、助かる方法があります。自己破産した方や任意整理した人でも、間違いなく借りれることを祈って書いております。

ただ借入は今回だけにして、債務の整理を考えてみるのも一つの方法です。

ブラックでも借りれる

延滞中の超ブラックでも借りれるところ
延滞中の超ブラックでも絶対はありませんが、的を絞れば高確率で借りられます。延滞・長期延滞中の方でも借りれるような消費者金融や銀行といった正規の貸金業者ではまず皆無と思って下さい。

超ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンス

しかし、諦めないで下さい!ここには延滞超ブラック情報を消せる方法も、10万円なら延滞者でも借りれる方法も書いていますので、参考にして下さい。

延滞中に借りる場合の注意点
延滞中で住民票も移動していない場合、消費者金融等の債権者からの督促に係る裁判が行われても分からない場合には注意が必要ですが、延滞を5年以上(ほったらかし)している場合、時効の援用で借金がなくなる可能性があります。

自己破産超ブラックでも借りれる消費者金融 ランキング

自己破産して超ブラックになっていても、絶対はありませんが、的を絞れば高確率で借りられます。通常自己破産から5年以上経たないと借りられないとか言われていますが、自己破産から1年経たなくても貸してくれる消費者金融はあります。

この章でこんなことが分かります。

  • 借入件数と職業と住居形態だけで簡単審査
  • 自己破産後に借りれる消費者金融
  • 自己破産後に借りる場合の注意点
  • 家賃保証会社のこと
  • 自己破産後借りれる消費者金融を匿名で簡単審査

自己破産後の借入件数と職業と住居形態で借り易い消費者金融を探したい方のために、簡易的に匿名審査できるページを用意しました。

自己破産してから借りる場合には、慎重に申し込まなければ、折角借りれるのに申し込み過ぎて申し込み超ブラックにならないように気を付けましょう。

ブラックでも借りれる

任意整理・延滞超ブラックでも借りれる

任意整理して完済している場合は、割と借りれる消費者金融は多いです。借りれる消費者金融は、自己破産した後に借りれる消費者金融と同じだと思って下さい。

任意整理中でも借りれる消費者金融

任意整理で返済中であっても絶対はありませんが、的を絞れば高確率で借りられます。

この章ではこんなことが分かります。

  • 任意整理後に借りる注意点
  • 借入件数と職業と住居形態だけで簡単審査
  • 任意整理後に借りれる消費者金融
  • 任意整理中に借りれる消費者金融

超ブラックの人は消費者金融からお金を借りないほうがいい?

下記の項目に2個以上該当する人は、消費者金融などの金融会社からお金を借りることをやめましょう。超ブラックと呼ばれる(もしくは超ブラックに近い)状態にあり、すでに生活が破綻している可能性が高いです。

超超ブラックの条件

  • 金融会社から借入しているが返済能力のない無職の方
  • 金融会社から3社~4社以上のお金を借りている多重債務者
  • 金融会社からの借入を2か月~3か月以上延滞している金融事故の経験者
  • 貸金業者から年収の3分の1を超える借入がある総量規制に抵触している方

審査が甘い消費者金融からお金を借りたい超ブラックの人には、クレジットカードやカードローンなど、他社借入が多い傾向にあります。消費者金融で借りたお金を他社の返済に回すという人が多く、いわゆる借金の自転車操業に陥っている状態です。

そのため、超ブラックの人が消費者金融からお金を借りたとしても、結局はその場しのぎにしかなりません。さらに、超ブラックの人が消費者金融からお金を借りれる可能性は限りなく低いです。

超ブラックでも借りれる会社

超ブラックでも借りれる会社として、三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンはもちろん、アイフルやSMBCモビットなどのサラ金、アローやセントラル、アルコシステムなどの審査が甘い中小消費者金融や街金の審査にも通りません。

なぜなら、申込者の金融履歴に関する情報は、信用情報として個人信用情報機関に保管されているからです。信用情報には、申込履歴、契約内容、借入・返済状況、金融事故の有無など、個人のローンやクレジットカードに関する情報がすべて記録されています。

また、個人信用情報機関に保管されている信用情報は、消費者金融を含む各金融機関に共有されます。たとえば、クレジットカード利用者が長期延滞などの返済トラブルを起こした場合には、事故情報として信用情報に記録され、他のカードローン会社にも共有されるのです。

ブラックでも借りれる

関連記事

総量規制で借りられない場合でも借りれる方法

総量規制で借りられないのは、超ブラックというわけではありませんので、融資額が1世帯の総収入の3分の1を超えてはいけないという、総量規制で借りられない場合でも、例外として借りることができるケースというのがあります。この総量規制の例外や総量規制対象外を理解しておけば、総量規制ということでもうお金を借りられないと思った方も、条件を満たしてお金を借りることができるのです。

  • 総量規制以上に借りれる方法
  • 超ブラックでも借りれる住宅ローン
  • 総量規制対象外のクレジットカード

総量規制で借りられないのは、超ブラックだからではないです。

申し込み超ブラックでも借りれる銀行

超ブラックでは借りられないと嘆いていませんか?本当に手を尽くしましたか?本当は借りずに済むんじゃないですか?闇金や闇バイトに頼らなくても、治験ボランティアでも高収入を得ることだってできるんです。

勤務先によっては在籍確認が取りにくかったりします。日雇いや風俗の方も在籍確認が取れずに、超ブラックでもないのに借りられなくて困ります。工場勤務で『そのような者がいるかどうかもお答えできません。』と答える大手企業を知っています。クレジットカード会社の中には在籍確認も本人確認もしない会社があります。

超ブラックでも借りれる土日

超ブラックでお金に困っていたとしても、闇金融業者(通称:ヤミ金)には手を出してはいけません。闇金やソフト闇金は、国の許可を得ずに貸付業務を行っており、正規の貸金業者であることを示す貸金業登録番号もありません。

たとえば、「超ブラックokな消費者金融」「超ブラックリストでも借りれる消費者金融」など広告を出している業者は闇金の可能性が高いです

ブラックでも借りれる

闇金の過大広告の一例

「消費者金融 即日融資 超ブラックok」「総量規制でも借りれる消費者金融」「超ブラックでも借りれる消費者金融」「超ブラックリストでも借りれる消費者金融」「超ブラック・無職でも借りれる審査が甘い消費者金融一覧」

闇金は正規の金融機関では審査対象にならないような超ブラックの人をターゲットにしており、「返済が遅れそうなときでも融通が効く」「会社に電話連絡もしない(在籍確認なし)」と甘い言葉で誘惑し、利用者を安心させてから法外な金利で貸付ける悪徳業者です。

闇金融業者は利息制限法(国が定めた金利に関する法律)を破っているため、一度でも利用してしまうと法外な利息が発生し、さらなる借金地獄に陥ります。

闇金融業者からの借入に心当たりのある方は、利用中の金融会社の公式サイトで貸金業登録番号を確認しましょう。正規の金融機関であれば、「○○県知事(*)第00000号」「○○財務局(*)第00000号」という貸金業登録番号が記載されています。

また、貸金業登録番号が記載されていた場合には、登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録者番号を入力して確認することをおすすめします。登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録番号を入力し、検索結果に表示されれば、正規の金融機関です。

ただし、登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録番号を入力した結果、正規の金融機関ではなく闇金融業者だった場合には、すぐに警察か弁護士に相談しましょう。闇金融業者を利用し続けると、悪質な事件に巻き込まれてしまう危険性があります。

超超ブラックでも借りれるところ(まとめ)

自己破産しても、免責決定から7年経てば再度の自己破産も可能になるため、自己破産や債務整理をしていても借りれる貸金業者は、自己破産を経験した方に対し、再度の自己破産をしにくいような仕組みを作っている業者でもあります。

自己破産したという過去を持っているからこそ、次の自己破産をさせないように動いているとも言えます。超超ブラックでも借りれるところは、再度の自己破産したくない人に良い業者とも言えるかもしれません。できるだけ最初に借りられたところに相談しながら増額を進めて、件数を伸ばすことは避けましょう。

自社で「超ブラック大歓迎!」「超ブラックでも融資します!」と宣伝している貸金業者はありません。自己破産や債務整理をした方も審査対象です、と表現していますし、殆どが利用者の口コミです。貸金業者が自社で「当社は激甘審査で即日融資!」と宣伝している貸金業者は間違いなく闇金ですので、絶対借りてはいけません。

自己破産から喪が明ける前で、超ブラックであっても借りれるというメリットは有るにせよ、リスクも高いということは分かっていて下さい。そして計画的に借りて返しているうちに、少しでも有利なところが見つかりますので、借り換えする方向が賢明です。

ブラックでも借りれる