■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2010年11月 次月>>
■LINK■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

ライオンズ奉仕デー
11月14日(日)一ヶ月遅れではあるが、ライオンズ奉仕デーのアクティビティとして下関響灘LCと「下関深坂さくら友の会」の協同作業で深坂公園に植えている桜周辺の草刈り、ライオンズの森の清掃作業及び公園周辺道路のゴミ拾いを行った。
昨年に引き続き今回も一般市民の参加を募ったところ、市内各地より子供さんを含め11名の方が新たに参加し一緒に汗を流してくれました。今回は総勢61名の方が参加し作業も順調にはかどりました。
作業は草刈り班、ライオンズの森清掃班、ゴミ拾い班と分かれ9時より午前中作業を行い、その後キャンプ場にて交流バーベキューパーティーを行った。
道路の清掃作業は深坂周辺の市道(内日貯水池~深坂溜池 2.5km)と森の家の進入路(1.6km)のゴミ拾いを行った。ゴミ拾いは年二回行っており毎回多くのゴミが集められるが、今回も大量のゴミが集められゴミ袋が足りなくなり、急遽取りに返るという事態が発生した。
草刈班は、来年春の桜が美しい環境で楽しめるよう斜面、道路周辺の草刈りを行った。
作業で心地よい汗を流した後は、交流バーベキューパーティーで楽しんだ。
大量の肉、野菜、イカ、魚、焼きソバ等で盛り上がり、皆さん腹いっぱい召し上がって頂いて疲れを癒すとともに、今回初参加の一般市民の方を含め、ライオンズクラブと友の会との交流も大いに深めることが出来た。

ライオンズクラブ千徳会長より楽しい作業になるよう挨拶。

今回初参加のボランティア市民の方々。自己紹介で馴染みます。

何はともあれ怪我の無いよう入念に準備体操を行います。

ライオンズの森の清掃班。みるみる綺麗になります。

斜面の草刈も慣れたもので腰つきが違います。

草が生い茂る前にこまめに草刈をすると作業もスムーズに進みます。

ゴミ拾いは山の中まで入って行いました。大きな袋がみるみる一杯になりました。

軽トラックで集積場に集めて、ゴミの種別ごとに分類しました。

いよいよ楽しいバーベキューで、話も一段と弾みます。初参加の人にも楽しんで頂きました。

食材も残り少なくなり最後の追い込みです。締めは何時ものように焼きそばです。


| news | 09:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
ホタル放流式
 11/12(金)、下関市立安岡小学校にて、小学校と安岡地区ふるさとまちづくり推進協議会の主催で「平成22年度のホタル幼虫の放流式」が行なわれた。
安岡小学校の四年生116名が丹精込めて育てた8万1千匹を超えるホタルの幼虫のうち、約7万匹の放流を学校近くの友田川で行った。(残りの1万数千匹は来年三月放流予定)
放流に先立ち飼育小屋の前で安岡支所長、やまぐち県民活動きらめき財団理事長、安岡自治会・ライオンズクラブの関係者が出席して放流式典を開催した。生徒より「今までの先輩方、又地域の人々との繋がりにより難しいけれど安心して育てる事が出来た」、又「寂しくなるけど元気に川でも育ってほしい」と発言があった。
友田川では、各人が容器に入れた幼虫を丁寧に放流し別れを惜しんでいた。
友田川での放流後、学校にて生徒全員にライオンズクラブよりカラーペンセット、学校より各人の写真が入ったメモリアルファイル、連合自治会より漁師の使う鉛で作った手作りのホタルのキーホルダーを感謝の気持ちを込めて贈呈した。
来年の初夏には多くのホタルの乱舞で、市民の皆さんを楽しませることでしょう。

放流式はNHK、朝日新聞社の取材陣も訪れて生徒たちも一段と張り切っていました。

ライオンズクラブの会員より生徒一人一人に容器に入ったホタルの幼虫を手渡す。

友田川につくとそれぞれの思いを込めてホタルの放流を行いました。

幼虫数万匹の入った大容器は自治会、ライオンズクラブ、生徒の代表が力を合わせて放流しました。

放流も無事終わり、自治会の香川ホタル部会長又我がクラブの千徳会長より感謝の言葉を述べた。

ライオンズクラブより生徒全員に飼育記念のカラーペンセットを贈呈した。

自分の写真が掲載された飼育記念ファイルと漁師の使う鉛より作られたホタルのキーホルダーを手に喜ぶ生徒達。


| news | 08:37 PM | comments (x) | trackback (x) |
国際平和ポスターコンテスト
今年度もライオンズ国際平和ポスターコンテストが行われた。当コンテストは1988年より始まり世界中の多くの子供たちが参加しています。今年は 11~13歳の子供を対象に 「平和へのビジョン」 をテーマに作品を募った。子供たちが平和について考えそれを絵に表現することで、創造性を養うと同時に平和の真の重要性を子供たちが話し合って欲しいと願ってのことだ。
我がライオンズクラブも最寄りの下関市立安岡小学校、安岡中学校及び垢田中学校の生徒に参加を呼びかけたところ、多数の生徒が応じてくれた。中学生の部は学校で選考し提出して頂いた。
小学生の部は 136名、中学生の部は 13名(安岡中 6名・垢田中 7名)の応募がありどの作品も力作揃いで甲乙つけがたかったが、クラブの関係者や学校の先生等と慎重に審査を行い次の四点を我がクラブの入賞作品として上部に推薦することとなった。
この後、順調に審査を通れば、山口・島根地区、中国・四国地区を経てニューヨークの国際本部にて表彰されることとなる。
尚、他の作品も出来るだけ公民館・金融機関等に機会を見つけて展示する予定である。
         小学生の部入賞   安岡小学校6年生   坂野源之助くん
                      安岡小学校6年生   菊池 成貴くん

         中学生の部入賞   安岡中学校1年生   吉本 智花さん
                      垢田中学校1年生   三浦 風歌さん


小学生の部入賞作品  
 安岡小学校6年生   坂野源之助くん        安岡小学校6年生   菊池 成貴くん


    中学生の部入賞作品   
安岡中学校1年生   吉本 智花さん         垢田中学校1年生   三浦 風歌さん


| news | 08:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑