■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2008年06月 次月>>
■LINK■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

ヒナさん、ごめんなさい
今年白鳥のヒナが久々に生まれたが、野生(越冬)の白鳥と違い何年も下関の深坂溜池で生育している白鳥のヒナのため、飛んであちらこちらに飛翔しないよう処置することにした。あまりの可愛さにためらいもあったが、将来のことを思い、羽の一部を切羽して飛んで逃げないようにした。
親子で泳いでいる白鳥を餌でおびき寄せ、タモでヒナを確保しすばやく切羽して池に戻そうとした。その間十数分であったが既に親鳥はかなり離れた所へ移動していた。なんとか親子の再会を果たそうとヒナを池に放鳥すると、母白鳥は最初は気付かなかったが遠くに我子を見つけると一目散に泳ぎ来ていとおしんでいた。
白鳥さん、ごめんなさい。元気に育ってね。


我々の企みを何も知らずにのんびり泳いでいる親子の白鳥

あまりの可愛さに思わず抱きかかえてしまう。

カワイソウですが、将来のため切羽して、止血処理をします。

ヒナを池に放鳥しましたが、親鳥は気付きません。しかしその後再会を果たしいっしょに泳ぐ親子の白鳥。


| news | 01:38 AM | comments (x) | trackback (x) |
有終の美・モナーク例会
今年度最後の例会「モナーク例会」を6月21日(土)に下関シーモールパレスに於いて開催した。城戸会長の熱心な働きかけにより今年度初めて名誉会員を含めて実出席率100%を達成。更にご婦人方も多数出席して賑やかな例会となった。
例会では、アワード伝達・還暦のお祝い・モナークシェブロン(25年・15年・10年)の贈呈、次期役員の紹介、幹事報告等つつがなく終了しこの一年を締めくくった。
<懇親会>はショータイムで始まり、各地の路上パフォーマンス等で活躍している「TENSHOW」さんによるパフォーマンスショー及び女学生によるレゲエダンスショーで大いに盛り上がって幕を開けた。
続いてのクラブアワード(例会出席皆勤賞・精勤賞・ドネーション賞・アクティビィティ賞・LT&TT賞・委員長賞・特別賞)の表彰式を行い、この一年間の該当会員の労をねぎらった。
テールツイスター活動では恒例のビンゴゲームで豪華商品を競い合いハラハラ・ドキドキしながらも、皆さんおいしい食事はしっかり頂いていた。
最後は新旧役員のラペルボタンの引継に続いて、下川地区名誉顧問のライオンズローアで今後の益々の活躍を誓い合った。

厳粛な気持ちで国歌およびライオンズヒムを斉唱する


アワード伝達でCFS-Ⅱグループコーディネーター賞を受賞する福冨Lと、晴れて還暦のお祝いを恥かしながら受け取る奥田L。

モナーク式典にてモナークシェブロンを受ける宮村L(25年)、奥田L・古田L・福田L(15年)、藤原L・道坂L(10年)。おめでとうございます。


懇親会のショータイムで皆さんの目をくぎ付けにした下関の誇るパフォーマー「TENSHOW」さんの数々の演技と、はちきれんばかりの若さを誇るレゲエダンスショー。


クラブアワードを受賞して皆さんに感謝の気持ちを披露する会員達。
例会実出席皆勤賞および委員長賞の皆さん。

皆さんお待ち兼ねのビンゴゲームの始まりです。最初は順調に数字を表示する機械でしたが恒例のストライキ。担当の皆さん慣れたもので適正に対処します。しかし数字は増えますがなかなか当選者が出てきません。

思わぬ当選に、心ならずも喜びがこぼれてしまいます。

現役員より、新役員へラペルボタンの引継ぎを行いました。引継ぎは無事終了しエールの交換により新旧役員の心がかよいます。

今年度を締め括り、来年度の皆の活躍を祈念しつつ又の再会を期して、「また会う日まで」で城戸丸の別れを惜しみました。


| news | 01:20 AM | comments (x) | trackback (x) |
白鳥ヒナ誕生
梅雨の雨も一休みの6月12日、深坂茶屋の篠原さんよりクラブへ突然「白鳥のヒナが泳ぎよるよ!」と電話が掛かってきた。今までそのような兆候が見られなかったので「どこを泳ぎよるん?」と事務局の西川さんが尋ねると「深坂の溜池に決まっちょろうがね」との返事であった。
早速、会長をはじめクラブの会員が訪れてみると生まれたばかりのカワイイ白鳥のヒナ2羽が親鳥の後にくっ付いて、エサ場の近くでヨチヨチと泳いでいた。
ここ3年ばかりヒナが誕生していなかったし、生まれても5月までには生まれていたので今年もだめだと諦めていたところであった。今後の成長を見守るとともに、白鳥の住環境の整備にも努めていかなければならない。
まずはともあれ、今年は良いことがありそう・・。







| news | 10:17 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑