■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2008年05月 次月>>
■LINK■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

安岡ほたる祭り
沖縄、南九州は梅雨入りし山口地方も梅雨入り間近となった5月31日(土)「安岡ほたる祭り」が友田川河畔及び近隣の道路に於いて安岡自治連合会の主催で開催されました。肝心の蛍は安岡小学校の生徒(四年生)が我がライオンズクラブ等が寄贈した蛍小屋で飼育し、昨年秋に友田川に放流した蛍が丁度今頃綺麗に乱舞します。
当日は天候にも恵まれ絶好の祭り日和、我がライオンズクラブも地域奉仕の精神を発揮し露店を出店しました。夕方六時からの開催であったが四時より大勢の会員が準備を進め、今年は吉田委員長のアイディアで「チョコバナナ」「チョコイチゴ」「ポップコーン」「飲料水」の販売を行った。販売する会員も食べたことがないチョコと果物の取り合わせ、半信半疑でしたがこれが大当たりであっという間に売り切れです。あわてた会員は近くのスーパーへ追加仕入(2回)に走り回りましたがそれでも予定時間より約一時間も早く全て完売となりました。
祭りは例年通り大勢の町民・子供が参加して夜遅くまで大盛況でした。
祭り終了後は焼鳥「げんき」にて疲れを癒すとともに、早くも次年度の構想を話し合った。

出店準備も着々と進んでいきます。試作品のおこぼれに預かる子供達。



いよいよ販売開始、出足順調です

出だしは「ポップコーン」が不調でしたが、後半のまくりは見事でした。


いよいよ夜も更けて、祭り気分が盛り上がっていきます。


材料の残りも僅かとなり、ラストスパートをかけます。


祭りの成功を祝って、焼鳥「げんき」で楽しくカンパイ!!


| news | 08:26 PM | comments (x) | trackback (x) |
国際親善
5月27日(火)~28日(水)にかけて、姉妹締結をしている韓国釜山大地LCの22周年記念式典に参加しました。
このたびは、福冨委員長、城戸会長はじめ、クラブメンバーの三分の一に当たる総勢13名の大訪問団となりました。博多港からビートルで約3時間です。快適な船旅でした。釜山では、金光植会長はじめ、クラブメンバーの大歓迎をうけました。
まず、宿泊先のコモドホテル(式典も同ホテル)にチェックイン後、大地LCの例会場に案内されました。例会場では、金会長さんの歓迎の挨拶があり続いて主だったクラブメンバーと和やかに交歓しました。
その後、周年事業の記念碑の除幕式が市内の公園で行われ、我がクラブのメンバーも一緒に参加させていただきました。
記念式典では李基植ガバナー、区長さん(女性区長さんでなかなかの美人でした)と雛壇に並んだ城戸会長は少々緊張の中にも満面の笑みでした。また、城戸会長の挨拶はいきなりハングルで切り出したのでちょっとびっくり、何時勉強したのでしょうね。
式典は7時からでしたが、セレモニーのあとの懇親パーティーは延々と続き、大地メンバーのエネルギッシュな歌やおどりには、おどろきの連続でした お開きは11時半でした。
次の日は、これからの相互訪問、交歓学生のことなど話し合った後チャガルチ市場に案内して頂いてショッピングを楽しみました。その後、晴れていれば素晴らしい景色であろうレストランで、焼肉の昼食をご馳走になりました。
日本語を話せる大地LCのメンバーを間にはさみ、爆弾酒で歓迎を受け、“本場韓国の焼肉“の食べ方などの指導を受けながら和気藹々のなか、お酒も入り楽しいひとときを過ごしました。
大地LCのメンバーはいろいろ案内したかったようですが、悪天侯のため早めに釜山港に入りたくさんのお土産をいただいて、再会を約して帰国の途につきました。
視界が悪く、波高2.5メートルとの船内アナウンスに海の荒れを心配していましたが、少しのゆれで無事帰ってこられました。みなさん、お疲れさまでした。

初参加5名を含め13名は「ビートル」で、一路釜山へ。

釜山大地LCの例会場に案内され歓迎の挨拶を受ける。

釜山市内の公園にて、周年事業記念碑の除幕式を行う。

記念式典にて、お互いに記念品の交換を行う。

ハングル語でお祝いの挨拶を行う城戸会長。

懇親会では、エネルギッシュな歌や踊りが延々と続きました。


翌日訪れたチャガルチ市場は、日本では味わえない賑わいです。

いよいよお別れの時がやってきました。名残はつきません。


| news | 11:44 AM | comments (x) | trackback (x) |
愛の献血運動
青葉の茂る 5月24日(土)、あいにくの小雨模様ではあったが、本年度当クラブ第二回目の「愛の献血運動」を実施した。Mr.max綾羅木店の駐車場の一部をお借りして日本赤十字社の方々とともに実施した。
古谷委員長、城戸会長はじめ多くの会員が参加して、会場の設営、献血の受付、風船・ティッシュ等を配布して市民への協力の呼びかけ、後片付けを含めて一日中大変お疲れ様でした。
天候を心配したがまずまずの成果を上げることが出来、古谷委員長もホッと一安心。今回は受付69名、献血49名でした。今年度は合計受付141名、献血者103名となりましたが、年長者に比べて若年者の献血が少ないのが少々気に掛かります。
今後も継続して「献血」の必要について啓蒙をはかり、献血運動に取組んで行きたい。

会場の設営も終わり、いよいよ受付け開始


受付けした後、赤十字の方の問診を受ける。

いよいよ採血、ちょっぴり不安がよぎります。


| news | 03:44 PM | comments (x) | trackback (x) |
卓話
第五十四回年次大会も無事盛会に終わり、現執行部も残り二ヶ月をきってしまいました。
五月の第一例会において、年次大会で授与されたガバナーズアワード(地域奉仕賞  国際協調部門)の伝達式を行った。これを励みに又今後各種アクティビティに頑張っていきたいものである。
今例会では福岡大学工学部機械工学科の佐々木一人様に、「流体力学と私」と題して揚力等に関して講義をしていただいた。佐々木様は豊浦高校の出身で城戸会長の後輩とのことであった。

ガバナーズアワードを披露する城戸会長と玉川前会長。


「流体力学と私」と題して講演する佐々木先生。



| news | 08:07 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑