■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2008年01月 次月>>
■LINK■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

薩長新年家族例会
皆様、新年明けましておめでとう御座います。
今年の十二支は子年ということで、少々停滞気味の経済・社会情勢も初心に返って足元を固め鼠算のごとく大いに発展していきたいものです。
今年の我がクラブの新年例会は、城戸会長始め幹部の皆さんが薩長同盟の維新の再来を願って、盟友薩摩川内第一クラブに密使(FAX)を送り密談(盛大な宴会)を開こうと囁いたところ、快く応じて頂き(河豚の味覚の誘惑に引かれて)総勢二十一名の薩摩の方々に決起して頂いた。当方も家族共々お迎えすることとなって、無事1月19日由緒ある春帆楼(日本ふく料理公認第一号店)にて両クラブ合同の新年家族例会を盛大に開催することが出来た。
合同例会は粛々と進み、恒例のお土産の交換(薩摩からは焼酎、長州からはふくのひれ酒)が行われて無事例会は終了した。(お土産については他クラブの方々も参考にして下さい)
さて、いよいよ懇親会。歓迎のアトラクションは下関消防団による「海峡まとい太鼓」の勇壮な演奏です。一糸乱れぬ鉢捌きに一同見とれてしまいます。尚、演奏者には当クラブの新人 織田.Lも参加していて大いに活躍してもらいましたが、演奏終了後宴席に戻ってみると「ふく刺しの大鉢盛」の中身が「アッ・・・・」。
続いて、薩摩の酒席の遊び「薩摩なんこ」の薩長合戦を行いましたが、前回に続いて長州の大勝利に終わりました。(薩摩隼人の謙譲の精神を見習いました)
最後は「ビンゴゲーム」で豪華な景品を奪い合い楽しい一時を過ごすことが出来ました。又、皆さんほとんど気付かれませんでしたが、会場に可愛い迷子のお嬢さんが楽しげに「お母さんはどこ」と迷い込みました。すぐに気付いた我がクラブの岡本探偵が、館内を探して無事母子の再会を果たしたのでした。(母を尋ねて三十メートル)
二次会は、例によって薩長ええ~んか歌合戦となり、関門の夜のとばりはなかなか降りませんでした。
翌日川内の方々には、朝早くから下関の台所 唐戸市場に繰り出し新鮮なにぎり寿司や温かいフク汁の朝食を堪能して頂きました。又、皆さん沢山の海産物のお土産を手にして家路につかれました。

勢ぞろいした薩長両クラブの会員・家族の皆さん

合同例会にて挨拶を行う 下関響灘LC 城戸会長、川内第一LC 堂込会長

いよいよ懇親会の開催。開宴の挨拶を行う下関響灘LC玉川前会長と乾杯の音頭を行う川内第一LC友好会 岩崎委員長

和やかに懇親会は進む

「海峡まとい太鼓」の勇壮かつ繊細な演奏


「薩摩なんこ」で負けたほうが焼酎を飲む。響灘は飲ませてもらえない。

会場内に迷い込んで母親を探すお譲ちゃん。その後無事母親にめぐり合えました。

又の楽しい再会を期して、力強く「ライオンズローア」を行う。

二次会になだれ込み、大いに盛り上がる。両クラブより交代で歌自慢の方々の熱唱が始まり、関門海峡の夜は白熱する。


翌日、唐戸市場でお土産選びに真剣に取組む川内第一ライオンズクラブの方々。



| news | 11:45 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑