■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2007年11月 次月>>
■LINK■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

日帰り家族例会
11月18日(日)今年度の日帰り家族例会として、九州国立博物館・水郷の街柳川へのバスツアーを24名参加のもと実施した。
九州国立博物館では浄土真宗の開祖・親鸞聖人750回大遠忌記念として『本願寺展』が開催されていた。当日は最終開催日ということもあり多少混雑していたが、押合うほどのこともなく観覧することが出来た。大別して「親鸞聖人の事蹟と信仰」「本願寺歴代の肖像と聖教」「本願寺ゆかりの至宝・名筆等」「大谷探検隊と仏教伝来の道」となっていて、親鸞筆の「阿弥陀経註」や蓮如筆の「歎異抄」など国宝や重要文化財等普段拝観することの出来ない数々の品を間近に見ることが出来て一同満足の様子であった?
その後一路水郷柳川へと向かい、さっそく柳川名物「うなぎのせいろむし」で腹ごしらえをした。今では鰻もあまり取れなくなり鹿児島産の鰻を使用しているとのことであったが、味に変わりはなく美味しく戴いた。
いよいよ本日のメインコース「柳川川下り」である。二艘の舟に分乗し一周コースへと船出した。夫婦の参加者は仲良く隣どおしに座り普段の減点パパを挽回していた。シーズンは雛祭の三月・新緑の五月らしいが、晩秋の川下りも布団を膝にかけなかなか風情のあるものである。
家族を含め益々親睦の深まった一日となった。

九州国立博物館の前でときめきを感じているご一行


親鸞聖人熊皮御影と本願寺展入場チケット(館内撮影禁止のため、資料はパンフレット等による)

国宝「阿弥陀経註」  親鸞筆  鎌倉時代  本願寺蔵 


柳川名物「うなぎのせいろむし」。皆さん一斉に舌鼓をうつ。お1人鰻が苦手な方がおられたのには驚いた。
今話題の中国産ではなく純粋な日本産とのことで、賞味期限の書替えもないとのお墨付きがあった。


二艘の川下り舟に乗り込む。ひざ掛け布団が温かい。船酔いする方はご辞退の様子である。

二艘の舟はゆったり進むも追いつ追われつ。

船頭の巧みな話術ですっかりリラックスした御一行。

船上の可憐なご婦人方と、陸上に咲きほこる可憐な黄色のコスモスの競演。

柳川の風情を漂わせるしだれ柳の川面と、頑丈な石垣で出来た水門。


| news | 08:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
ゆたか児童館 図書贈呈
11月16日(金)川中豊町にある「市立ゆたか児童館」に、絵本や童話など31冊を贈った。
下関響灘ライオンズクラブが青少年健全育成事業の一環として取り組んでいるもので、この図書贈呈は、今年で8回目になり総数で611冊になった。今まで多くの児童に本を活用してもらっています。
この日は、「読み聞かせの日」にあたり、0~3歳児22名とお母さん20名が集まり、目録を贈呈したあと、児童の代表2人に城戸会長がリボン掛けされた絵本を手渡した。
贈呈した絵本の中に人気シリーズの「こぐまちゃんのどろあそび」と「おしゃれなおたまじゃくし」の本があり「読み聞かせ」をしていただき、眼を輝かしながら聞いている子供達を目の当たりにみて、うれしくなりました。贈呈した本は、「ライオンズ文庫」の棚におかれ、親子での利用は勿論、0~12歳の児童に貸し出しも出来るそうです。本を通じて豊かな心を育んで欲しいと願っています。
最後に館長さんより、図書費に充てられる市の予算が皆無の中での、下関響灘LCの図書贈呈はありがたいとお言葉がありました。

かわいいお子さんに城戸会長より絵本を手渡す。

児童館館長より児童館の現状並びにお礼の挨拶をいただく。


早速、贈呈した本の「読み聞かせ」をして子供たちの熱心に聞く姿に嬉しくなる。



| news | 08:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
ライオンズ奉仕デー
11月11日(日)今年度のライオンズ奉仕デーのアクティビティとして、下関響灘LCと「下関深坂さくら友の会」の協同作業で深坂公園に植えている桜の管理作業を行った。天候にも恵まれ、当日新たに「友の会」に加入して頂いた6名を含め計47名の参加を得て9時より午前中作業を行い、その後キャンプ場にて交流焼肉パーティーを行った。作業内容は大半が急斜面の場所にある桜周辺の草刈、葛・蔦等の除去、倒木・枯れ枝等の整理・除去などだか、皆さん精力的に作業を行い予定通りの範囲を終えることが出来た。又当日は幸いにも2輪の桜の花が咲いていて我々の作業を見守ってくれた。
焼肉パーティーは大量の肉、野菜、焼きソバ等で盛り上がり、皆さん腹いっぱい召し上がって頂いて疲れを癒すとともに、ライオンズクラブと友の会との交流も大いに深めることが出来た。

偶然咲いていた二輪の可憐な桜の花

城戸会長が今回の交流の意義と、友の会への謝辞を述べる。


いよいよ作業開始。桜を一本ずつ点検しながら作業を進める。周辺の枯れ枝はまとめて縛り片付けていく。次に草刈をする時に邪魔にならないようにする為だ。

桜の周りの草を丁寧に鎌で刈り取っていく。地味な作業だが人手があれば見る見るうちに綺麗になっていく。

倒れている桜の木は、ロープ等で引き起こし支柱にしっかりと縛り付けていく。

年齢も考えずに高いところで作業することに喜びを感じている我がライオンズのメンバー。


お待ちかね焼肉パーティーの始まり、肉はどんどん胃袋に移動する。

皆さん一心不乱に食べること。

パーティーもいよいよ終盤、食べる姿にも多少余裕が出てくる。最後は焼きソバで締めくくる。


| news | 07:42 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑