■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2007年07月 次月>>
■LINK■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

桜街道は梅雨明け間近
学校も夏休みに入り、梅雨明け間近の7月22日(日)県道安岡・川棚線にある桜街道の草刈、清掃作業を行った。今回の作業は社会福祉法人あゆみの会「安岡苑」との協働作業で、安岡苑の49名を含めて総勢64名で行った。小雨のそぼ降る中、8時半より11時までの間に、生い茂った草を草刈機、鎌等で刈り取るとともに、2トントラック・軽トラックに集積し見る見るうちに桜街道は綺麗な道に甦っていった。安岡苑の皆さんの活躍は素晴らしくクラブ員一同関心しきりであった。
清掃を実施した区間は、我がLCが設立25周年を記念して県道の沿線1.5キロに亘ってサクラを146本植えた区間で、済世会下関総合病院への進入道路であると共に、山陰海岸の海水浴へのメインの通行路である。梅雨明けに大勢通行する海水浴客の皆さん等に、気持ちよく通行してもらえるよう間に合ってホッとしています。
尚、ライオンズクラブの会員はその後、深坂にある「ライオンズの森」の草刈・清掃作業を引き続いて行った。長時間に亘り、雨中の作業大変お疲れ様でした。

城戸会長より、安岡苑の皆さんへお礼の挨拶


いよいよ作業開始、丁寧に草を取ります。





作業前の状況

綺麗になった桜街道


| news | 01:01 PM | comments (x) | trackback (x) |
さくら友の会総会
7月16日(月)海の日ではあったが、山間部の下関深坂森の家に於いて「下関深坂さくら友の会第二回定期総会」を開催した。「さくら友の会」は下関響灘ライオンズクラブより派生誕生した友の会で、運営・事業には今も深く係わりあっている会である。梅雨末期特有の土砂降りの中にも拘わらず、59名の会員の方に参加して頂き盛大に行うことが出来た。事業報告、会計報告、役員改選等総会は順調に進み、引き続き福冨会長をはじめとする新役員が改選され無事終了した。
その後、樹木医 殿井正博様に「さくら」について特別講演会を行って頂いた。「さくら」は山桜、大島桜、江戸彼岸等九種類の「自生品種」と、ソメイヨシノ、八重桜等をはじめとする「園芸品種」に大別され、園芸品種は確認されているだけでも約四百種以上あるとのことであった。それぞれの品種について、専門用語の中にも分かり易く説明して頂きました。又、桜を植えるときは山桜等の自生種とソメイヨシノを半々ぐらいにして植えると開花の期間が長くなり、また趣きも変わって色々な楽しみ方が出来るとのことであった。最後に桜は病気に弱いので繊細な対応が必要との指導を受けて講演会は終了し、会員一同満足の一日であった。

福冨会長の挨拶により第2回友の会総会が始まった。


新しく選任された役員の皆さん

樹木医 殿井正博氏による「桜」についての特別講演会が行われた。

参加者一同の記念写真


| news | 12:45 PM | comments (x) | trackback (x) |
城戸丸 船出例会
7月4日新年度の初例会「船出例会」が開催された。会長スローガン「“ときめき”を感じて ウィサーブ」を旗頭に、順調に城戸丸が船出することが出来た。まず城戸会長より運営方針、事業方針が力強く発表され今年度の道しるべが示され、引き続き新岡田幹事の幹事報告等が行われて皆様お楽しみの懇親会となった。
前玉川会長の乾杯により始まり、和気藹々のうち鉢物・果物を中心としたオークション、くじ引き等が行われて楽しいひと時はあっという間に過ぎてしまった。最後に各委員長の今年度の抱負を発表して頂き、船出例会は無事幕を閉じた。
尚、有志は引き続いて二次会に突入し得意ののどを披露して貰った。

城戸新会長の所信表明演説。

心新たに取組む新執行部の皆さん。


玉川前会長の音頭で乾杯。楽しい懇親会の始まり。


クジ引き、何が当たるかワクワク、ドキドキ。結果は「あ~あ」か「やったー」か。

各委員会の委員長が今年度の抱負を発表。目標が定まりました。

「また会う日まで」で楽しいひと時も幕を閉じました。


| news | 07:58 PM | comments (x) | trackback (x) |
初仕事は大盛況
7月1日(日)梅雨シーズンにも拘らず天候に恵まれ、下関響灘ライオンズクラブ「城戸丸」新執行部の初仕事「第16回安岡シーサイドクリーン作戦」が実施された。当活動は下関響灘ライオンズクラブと安岡商工振興会の主催により地元小、中学生や自治会、各ボランティア団体、養護施設等に呼びかけて海水浴シーズンを前に安岡海水浴場を含む海辺を綺麗にしようと毎年実施している。今年は例年にもまして約750人の方々が参加し、海の漂着物や海草などを手際よく拾い集めあっという間に綺麗な海辺に甦った。皆さん是非「安岡海水浴場」をご利用下さい。

城戸新会長の挨拶によりシーサイドクリーン作戦がいよいよスタートします。

大勢の参加者も手袋、ビニール袋を用意し準備万端。

いよいよ清掃作業の開始。海辺に散らばっていきます。


成果は上々。大きなゴミ袋を抱えて引き上げます。

終わったあとは冷たいジュースで癒します。

集まったごみは2トントラックいっぱいとなった。


朝日新聞に紹介されたクリーン作戦の記事。


| news | 07:48 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑