■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2007年06月 次月>>
■LINK■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

モナーク例会
6月23日(土)下関シーモールパレスに於いて当該年度最後の例会(モナーク例会)を開催した。
今年度は姉妹クラブを締結している大韓民国 釜山大地ライオンズクラブより金 舜根(キム スングン)会長をはじめ総勢17名の方々に参加して頂き有意義な例会を行うことが出来た。
両クラブ会長の挨拶に続いて、モナークシェブロンの贈呈・次期五役の紹介・幹事報告・理事会報告と滞りなく例会は進み、いよいよお待ちかねの懇親会となった。
懇親会ではまずクラブアワードの発表、授与式を行った。アワードは例会出席皆勤賞(16名)・例会出席精勤賞(2名)・ドネーション賞(4名)・アクティビティ賞(10名)・LT&TT賞(2名)・委員長賞(7名)・功労賞(1名)で会長より感謝ともども受賞者に手渡された。引き続きゴルフ同好会会長杯争奪戦の結果発表、表彰式を行い受賞者恒例の「○○さんのおかげで・・・・」という弁で締めくくった。
大韓民国の皆さんを迎えてのアトラクションは、下関市立大学「よさこいサークル震度10」の総勢40名による迫力満点の踊りを披露した。最後は両クラブの会員も参加して踊り大いに盛り上がった。
引き続き「スクラッチ抽選会」を行い幻の焼酎「村尾」を初め豪華景品が次々と当たり、両クラブ全員空クジ無しで喜んで頂いた。
最後に新旧五役のラペルボタンの引継ぎで現執行部の一年間の役が終了しました。
尚、通訳として韓国の添乗員朴さん、又梅光大学に留学している韓国人の2名の学生さんには大いに活躍して頂きました。有難う御座いました。

6月22日博多ターミナルにて釜山大地LCの御一行を出迎える



シーモールパレスにて盛大な拍手をもって釜山大地LCの御一行を歓迎する。

釜山大地LCの金会長より友好の記念品を頂く。


下関響灘LC 福田前会長の乾杯により懇親会がスタート。



クラブアワードの表彰式。皆さん一年間お疲れ様でした。


宴もたけなわ、親睦も深まります。

大活躍の通訳 朴さんと響灘の若女将 TTの吉田L。


下関市立大学の「よさこいサークル」によるよさこいソーランで盛り上がる

LCの会員もたまらず踊りに加わる


スクラッチ抽選会で焼酎「村尾」をゲットした伊東L。自然に笑みがこぼれる。

抽選会で高額な景品をゲットした皆さん。感謝の雄たけび。


来期の抱負を語る新執行部の皆さん。


「また会う日まで」で再会を期し、名残を惜しむ。



| news | 07:22 PM | comments (x) | trackback (x) |
白鳥災難にあう
6月4日(月)深坂溜池の白鳥にルアーが引っかかっていると市民の方より通報があった(通報ルート:市民の方→山口県→下関市→響灘LC)。ライオンズクラブのメンバー2名が駆けつけてみると、足の水掻きに十センチ大のルアーが食い込んでおり痛々しい姿をさらしていた。たまたま白鳥にパンをやりに来ていた子供づれの家族の方にも手伝って頂き、白鳥を陸におびき寄せ無事ルアーを取り外すことが出来た。魚釣り禁止のこの溜池で一部の心無い人の為に白鳥も災難であり情けない思いがした。反対に子供達の無邪気にパンを白鳥にやる姿は微笑ましく、白鳥も無心にパンをついばんで満足そうに泳いでいた。

白鳥の足に掛かっていたルアーと付近に落ちていたルアー


| news | 11:49 AM | comments (x) | trackback (x) |
安岡ほたる祭り
6月2日(土)友田川河畔及び近隣の道路に於いて、「安岡ほたる祭り」が安岡自治連合会の主催で開催された。心配された天候も何とか持ちこたえ、多少風が強かったが無事開催の運びとなった。我がライオンズクラブも地域奉仕の精神を発揮し、一銭焼き・飲料水等の露店を出店した。夕方六時からの開催であったが三時半より準備を進め、年光委員長の周到な準備のお陰で万全の体制で大勢のお客さんを迎え、無事準備した品を完売することが出来た。
当ほたる祭りは下関市内の夏祭りの第一号という事で、江島潔下関市長等も来賓として出席され、地元テレビ局「J-COM下関」も取材に訪れていた。その後の祝電披露の中でなんと地元出身の安部晋三総理大臣はじめ林芳正・岸信夫参議院議員の祝電が披露され皆の祭り気分も大いに盛り上がった。
開催時間になると大勢の町民が続々と押し寄せ大変な賑わいとなった。ところで肝心の「ほたる」は強風のためかなかなか優雅な姿を見せず皆をがっかりさせていたが、八時を過ぎた頃から川面の草むらに大勢のほたるが「ピカピカ」と姿を見せ、ほたる祭りの面目を保つことが出来た。
祭り終了後は焼鳥「げんき」にて疲れを癒し、明日への元気を養った。

準備も一段落し、つかの間の休憩を取る。


いよいよ一銭焼きの販売開始。皆さん慣れたもので手際よく焼いていく。



開始早々大勢の町民で賑わう。

地元テレビ局「J-COM下関」と祝辞を述べる江島下関市長。

我がライオンズクラブの露店の前はなぜか微妙な空間が。

夜もいよいよ更け祭りも佳境に入っていく。

祭り終了後、焼鳥「げんき」にて反省会及び慰労会を盛大に開く。


| news | 11:30 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑